投稿日:

何気ない会話から実践してみたら効果ありでした。

蓋を開けた洗濯機日常生活の中で、電気、ガス、水道は節約を心掛ける事で結果が金額としてわかりやすいところであり、節約をし始めるのには最適なのではないかと思います。

電気については、極力付けっ放しにしない事をベースにしておき、使わない時はコンセントを抜く事を徹底しています。また、年間を通してエアコンを使用する際には、温度や風量の変化でどの段階が抑えられるかを調べてからの実践をし、前年と比べて夏場と冬場の利用頻度が高い時期は1000円前後節約することに成功しました。

ガスについては、夏場のシャワーを利用する事や冬場の給湯温度の設定温度の変化でどうしても高くなりがちでした。ここでは、冬場に関して重点を置いて考え、お湯をはっておいた上で途中の追い炊きやシャワー利用をしていたので、単純にシャワーを使わず浴槽のお湯を利用し、足りない場合のみシャワーを利用する形を心掛けました。これだけでも前年と比べて800円前後節約に成功しました。

水道については、ガス代を節約する事でシャワー利用が減少した為に、水道代も節約出来ていました。ですが、ふとした時に洗濯をするのを残り湯にしたら節約になるという主人の言葉にハッとし、実践を始めました。その結果、たった一回分最初の回す水量だけを残り湯に変えただけで水道代を700円前後節約することが出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)