投稿日:

飲み終わった牛乳パックをまな板代わりに

使い終わった牛乳パック、そのまま捨てていませんか?実はとっても便利な使い方があるんです。それは、生の肉や魚を切るときにまな板の上にしいて使う、という方法です。

生の肉や魚を切ったあとのまな板を洗うのって面倒ですよね。洗剤を使っても、なかなか匂いや脂が落ちなかったり、きちんと汚れがとれているのか心配で、漂白剤を使って汚れを落としている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
この、牛乳パックまな板を使えば、まな板が汚さずに、肉や魚の下処理ができるんです。

牛乳パックのイラストやりかたはとっても簡単!中身を飲み終わった牛乳パックを洗って、紙の継ぎ目にそって開きます。そのまま乾かしたら完成です。まな板の上にしいて使ってください。

肉をたたいてミンチにしたり、魚をさばくのも、まな板を汚すことなくでき、しかも使い終わったらそのままゴミ箱に捨てるだけ。とっても便利ですよね。

また、肉や魚だけでなく、野菜のみじん切りの時にも活躍しますよ。みじん切りを容器やフライパンに移す時、まな板からだと横からボロボロ落ちてしまいがちですが、牛乳パックまな板を使って切ると、牛乳パックのもともとの折り目で折り曲げられるので、横から落ちてしまうことなく、ラクラク移すことができます。

このように、飲み終わった牛乳パックをまな板代わりに使えば、水や洗剤の節約と同時に時間の節約もできますよ。

投稿日:

漫画の購入をやめてレンタルに

漫画って一冊あたり500円前後しますよね。書店に行けばメジャーなものからそうでないものまで、好きな漫画や気になる漫画が多数販売されています。

以前の私でしたら、気に入った漫画はもちろん、「話題になってるから」「新連載されて面白そう」程度の理由でも書店で見つければ購入していました。

そのようにして目についた漫画をどんどん購入していたので、塵も積もればという言葉があるようにどんどん部屋にたまっていきました。毎月使う金額も結構なものでした。

本棚のイラストさらに、漫画が増えると置き場所に困りますし、本棚にも入りきらなくなってきます。

最近は購入しなくても読める漫画喫茶や、レンタルできる店も増えています。漫画喫茶の場合は、目当てのものがないか探したりする時間もお金がかかってしまうので、私はレンタルを多く利用します。1冊買うお金で10冊程度を1週間レンタルできます。

レンタルなら収納場所で悩む必要もありませんし、気になる漫画も一気に読めるしで一石二鳥で節約できていると思っています。衝動で買ったものは、ほとんど読み返すこともないので、レンタルで十分だと思います。

雑誌の類は市立図書館を利用したりすることで新しいものを読むことができますし、それこそ過去のものはレンタルできます
小説なども○○賞受賞作家の新作こそタイムリーに読めないものの過去の作品などが読めるのでいままでそれらに費やしていたお金が節約できてます。

投稿日:

他の世帯も巻き込んでクレジットカードを使用する

以前は全ての支払いは現金派でした。でもクレジットカードのポイントやサービスの良さに魅かれ、最近は全ての決済をクレジットカード、しかも一本に絞りました。
光熱費、固定資産税、食費全ての支払いはクレジットカードです。そうすることで、単に銀行引き落としするだけでは得られないポイントが付きます。毎月のことですし大きな金額なのでバカにできません。

ここまではどこの家庭でも意識していると思います。
クレジットカードの入った財布私の場合は、ポイント等に疎い他の世帯の光熱費も、私がクレジットカードで代理で支払って、その後に現金での回収をしています。なので3世帯分の光熱費分のポイントが付与されるので、これは大きいです。また利用金額が多ければ、その後のポイント付与率が優遇されることもあります。
ですが、このポイントは自分のものだけにはせずに、貯まれば商品券にして他の世帯にも少し分けるようにはしています。
私はこの商品券も無駄に使うことはせずに、換金してクレジットの引き落とし銀行に入金します。何か買うものがあれば再度クレジットカード支払いにします。最近は数百円の買い物から可能な場合は多いので、できる限りクレジットカードを利用します。またカードは分散せずに集約する事もポイントの貯まる速度も速くするコツです。
他の世帯の光熱費の中にはインターネット代も含まれています。その世帯の了承を得て3世帯でのグループ割に加入しました。それにより同じ様に使っていて毎月全ての世帯が300円安くなります。年間にすると1世帯3600円も節約になりますね。
あまり知られていませんがこのインターネットの接続料でも独自のポイントが貯まります。それらは商品に変える事が出来ますが、欲しいものが少なくて利用しないケースも多いです。でも不要であればフリマアプリで格安で出品することで、収入のプラスにできますよ。

投稿日:

残り物は捨てずにアレンジして再登場

子供が4人いて、育ち盛りな上に男の子が3人。家計は四苦八苦です。そんな大変な生活の中で、私が行っているのは、残り物のアレンジです。カレーの残りのアレンジは多くのカレーライスの写真人が行っていると思います。でも私の場合、肉じゃがや焼きそば、鳥の照り焼きなどに至るまでもアレンジして再登場させています。食べ盛りが多く、足りないと文句がでるので、いつも多めに作るようにしてアレンジするようになりました。

例えば焼きそばは、たこ焼きとお好み焼きに入れます。肉じゃがはこんにゃくを取り除いてコロッケに。鳥料理は、サンドイッチや和風パスタに入れます。工夫することで、食べ物の無駄がなくせますし、見た目と食感が変わることで、残り物と思われずより美味しくいただけます。

アレンジは、残り物だけには終わりません。甘くないあるいは熟れていないフルーツは、スムージーにしてしまいます。熟していないアボカドは、レンジでチンして柔らくし、小さくカット。はちみつと牛乳を入れてミキサーで混ぜれば、ヘルシーなアボカドスムージーが完成です。他にも、甘くないスイカは捨てずにミキサーへイン!氷と砂糖を入れてスイカジュースにします。メロンジュースも同じ要領で作れます。こういった工夫をするようになって、月に約5000から10000円は節約できるようになりました。浮いたお金で国内旅行も夢じゃないです。

投稿日:

バカにできないお茶のペットボトル

私の生活で特に意識して節約しているのは、お茶のペットボトルの購入方法です。

ペットボトルのお茶普通にコンビニエンスストアで買えば、定価の値段になるものがほとんど。なので、スーパーのチラシを見て特売品のお茶をまとめて買います。毎週商品は変わりますが、かなり安く購入することができます。購入できる数も、多くの場合は「2リットルひと箱六本入りのケース」が二ケースまで購入できるので、重いけど頑張って購入します。

私がいつも買い物をしているスーパーは、毎週水曜日にチラシが入るので、忘れずにチェックするようにしています。

仕事に行く時も、家からそのお茶を水筒に入れて持参し、自販機での飲料の無駄買いはししません。

 

そしてもう一つ意識しているのが、電気代の節約です。私が契約している電力会社では夜間と深夜、早朝に電気を使うのでは料金がずいぶん変わってきます。早朝に使うのが一番安く抑えることができます。

多くの人は夕食後の食器等は洗った後すぐに乾燥機にかけると思いますが、私は夕食後は洗って伏せるだけにしておいて、乾燥機は早朝にかけるなど工夫しています。

電気代に関しては、不要な場所をつけっぱなしにはしないということも心掛けています。家の二階に上がるときは電気を消す、TVを切るなどこまめにしてます。こういう小さな行動の積み重ねが、節約をするうえで非常に大事なことだと思います。

投稿日:

スマホの料金プランを見直す

スマートフォンの普及率はぐんぐん上昇していて、最近ではガラケーの方が明らかに珍しい状態ですね。パソコンと同じように利用できてネット環境などが快適なのが魅力ですが、その分、従来の携帯電話に比べ基本の料金プランが高めに設定されているのが難点です。
スマホのイラスト主要の通信会社からキャリアを格安SIMに変更すれば、大幅な節約になることはもちろん知っていますが、私の場合は仕事の関係などでその選択肢は選べません。
なので料金プランを見直すことによって、少しでも通信料を節約できないかと思い、携帯ショップで相談。するとちょうどその月新設された新しい料金プランに変更することで、毎月のデータ使用量は1GB分増えて、さらに通信料を毎月約1,000円抑えることができました。
最近は料金プランに定額制のものが多く導入されています。スマートフォンを通話に利用することは少ない場合でも、通話し放題のプランに加入されていて、月額使用料が高くなっている等、無駄なオプションを付けてしまっている可能性もあります。
また最近では、スマートフォン等の通信会社と、自宅の固定電話やインターネットが一緒であれば、毎月の通信料が割引されるプランも珍しくありません。

固定電話をお持ちの場合は、その契約に関する書類も持参して、携帯ショップに相談に行かれてみると良いと思います。

投稿日:

ミネラルウオーターを手作り

東日本大震災の後に、放射性物質を吸収するゼオライトという石を使用したカートリッジを、職場の先輩とネットで探して知りました。半年交換で6000円程度で、その時は少々高いなと思い、しばらく忘れていました。
ところが、最近ブームでネット上でもよく見かけるようなった水素水。その水素水を作るカートリッジの中身に、ゼオライトや活性炭といったものが詰まっていることを知りました。

そこで「何でも原材料を購入すればリーズナブルに実現できるのでは」と感じ、まずはゼオライトと活性炭を購入。ただし、こちらは1週間から10日で取り替えますので、無くなったらまた購入しなければなりませんが、1kgで800円程度とそれほど高くありません。
水の入ったグラス

最近では、岐阜の一部でしか採掘されないという、更によい「麦飯石」を発見しました。こちらも浄水器のカートリッジに使用されています。

ペットボトルにこの石を入れて5~10時間置くだけでまろやかなミネラルたっぷりの水に変身します。石は3週間置き程度で煮沸・日干しすることで、ずっと使用できます。

あまりに長い期間使用すると石が小さくなりますので、追加購入した方が良いですね。この水を使うとお茶やコーヒーも格段に美味しくなり満足できるので、特に用もないのにカフェに寄って、ということがなくなりました。もちろん息抜きのカフェは必要ですが、確実に回数が減りました。
またダイエットにミネラルウオーターをなるべく沢山飲んだ方が良いというのにも、遠慮なく飲めます。「麦飯石」を入れたボトルを持ち歩くことにより何気なく購入していたペットボトルの水も全く買わなくなりました。
1ケ月、3000円前後の節約になっています。

投稿日:

コンビニに行くのをやめる

いまや日本全国どこにでもあって、本当に名前の通り便利なコンビニエンスストア。私も以前はかなり利用していましたが、最近は極力コンビニに行かないようにしています。

コンビニには、おにぎりやサンドイッチ、お弁当類にお菓子、本当になんでもありますよね。ちょっと飲み物を買うために入ったのに、ついでにあれもこれもと買ってしまい、お金があっという間になくなってしまうことに気づいたからです。

コンビニの外観仕事の日の昼食も、自分でお弁当を作ると不思議とコンビニに行かなくなります。

以前は仕事前に立ち寄るのが日課で、飲み物にお弁当にサラダ、もしくはおにぎりとサラダなどの組み合わせて色々と買い物してました。お菓子を買うこともたびたび。そうすると500円で収まることはすくなく、800円程度をほぼ毎日使っていました。

日によって使う金額は違うものの、週に5日で昼食だけで4000円は使用していたと思います。

これが弁当持参すると弁当の材料費はかかりますが、日々の食材も兼ねているのでびっくりするほど節約になります。

1週間の昼食代は、1000円も使わなくなりました。

それにコンビニに行っても、弁当などを眺めても自分で作ったらいくらぐらいだから、それに対してこのボリュームは割高じゃないかななどと考え購入を躊躇うようにもなりました。

飲み物もコンビニで買うとほぼ定価の商品が陳列されていますが、スーパーなどでは70%程度割引されています。同じ500mlのペットボトルでもスーパーでまとめて購入すればそれだけでも違います。

多少の荷物や手間にはなりますが、それで節約できる金額を考えれば、またコンビニ生活に戻る気にはなりません。
コンビニを行くのをやめる節約術、おすすめです。

投稿日:

趣味や生活費の無駄を徹底的に削る

 

まず生活全般を見直して、必要のないものをとことん削っていきました。

運転免許を返上し、車も手放しました。 これで自動車にかかる費用がほとんど節約できます。バカにできない ガソリン代や車検代、保険料、修理代等も全て節約できます。 これらの費用は大体年間50万円くらいだと思うので大きいです。
後は趣味を見直しまして、まずお金のかかるゴルフをやめましたパチンコも好きだったのですが、行きつけのお店がつぶれたのをきっかけに、これを幸いとやめました。
これらで月に5万円は節約できたと思っています。

温泉のイラスト年に何回か行っていた温泉旅行もほとんど行かなくなりました。 1回行くと3人で5万円はかかります。 3回では15万円の節約です。 その代わり最近はたまに日帰り温泉に行っています。 これは一人千円で十分でしょう。

次は食事代の見直しです。朝は食パン一枚にしました。 昼は昨日の残りのおかずで済ませてることが多く、たまにカップ麺です。

夜は普通の食事ですが、できる限り節約したいので、 生協のおうちコープ等を利用しています。 これは多少安いです。 また冷凍食品の利用も多くなりました。
冷凍食品は時々全品割引セールすることがあるので、安い時に買い貯めています。 チャーハン、ピラフ、スパゲテイ等、最近は種類も多くおいしいので助かります。
玉子が安い時は多めに買ってきて、しばらく卵料理が続きます。

お風呂も湯船は2日に1回にして、後はシャワーで済ませています。 これも積み重なると結構水道代やガス代を節約できると思っています。

あとは電気代の節約のために、10時には寝るようにしています。

それぞれの生活でできる範囲で見直してみると、当たり前だったことの中に、かなり無駄なものも見つかると思います。

投稿日:

買わないこと、調べて買うこと

 

 

私の節約方法の一番は、「買わない事」です。

本3冊具体的に買うのを止めた物の筆頭は、まず『本』です。
ただ、本を読むことをやめた訳ではなく、読みたいと思った本を、全て市の図書館へリクエストしています。
今は、自分の市の図書館に無くても、同じ県であれば図書館同士で本を貸し借りしてくれます。新刊の場合も 図書館で購入してくれることも多く読むことができています。難点は他の利用者もいるので、読めるまでに時間がとても掛かる事ですね。
毎月新書を1、2冊は買っていたのを止めたので、年間で1、2万円は節約になりました。

 

そして、次は『ガソリン』になります。
これまでは休日に一人で遊びに外出する際には車を使っていましたが、それをやめて基本的に全て自転車としました。
これでガソリン代金が、年に1、2万円は節約できています。

次の「調べて買う」ですが、こちらは食料品や医薬品の購入の場合にこれをしています。 具体的にはチラシやネット等を細かく確認して、安い場所を調べてそこで買う、ということです。
食品や医薬品等は、専門店だと大手のスーパーに比べて2、3割は安く買えることも多いので、面倒がらずに こまめにチェックしています。
そして、買う時には些細な物まで全てポイントの付くクレジットカードを使用します。
それで増えたポイントは、年間で2、3万を越え、その分で買い物が出来るので結局はお金の節約を同じですね。

これらの方法を面倒がらずに欠かさず実施する事で、少なくとも
以前に比較して年間5万円程度は無理なく節約出来る様になりました。