投稿日:

振込手数料を無料、税金支払いでクレジットポイントを貯める節約です。

新生銀行というインターネットバンキングがあります。最近、開設したのですが、開設してから3か月間(開設月を含める)は無条件で、他行宛ての振込手数料が月5回まで無料になります。開設4か月以降は、総資産合計が200万円以上でしたら、他行宛ての振込手数料が月5回無料を維持できます。もし、100万円未満でも月1回は振込手数料が無料ですので、便利です。

クレジットカード私が利用している中で、他に振込手数料が無料になるインターネットバンキングは楽天銀行です。前月までの残高によってその回数は異なります。10万円以上なら、他行の振込手数料が月1回だけ無料に。前月までの残高が50万円以上なら月2回まで無料、100万円以上なら月3回まで振込手数料が無料になります。また、残高に関係なく、給料・賞与・年金の受け取りに楽天銀行を指定すると、月3回まで振込手数料が無料になります。1か月の振込の無料の制限が超えても、3万円未満が165円、3万円以上が258円なので他行に比べると、振込手数料が安いと思います。

最近始めた節約は、ナナコカードを使ったものです。バーコード付きのコンビニ払いの税金なら、ナナコカードからクレジットチャージをして、コンビニで支払うようとお得です。税金をナナコカード払いすると直接はナナコポイントがつきませんが、JCBのクレジットカードをチャージ設定すると、チャージした都度に100円に1ポイントがその指定したJCBのクレジットにポイントが付きます。

手続きが少し大変でしたが、まずナナコカードを作って個人情報を登録します。次に、手持ちのJCBのクレジットカードのホームページで、本人承認サービスの認証を受けて、ナナコカードのホームページから、クレジットチャージでリンクするJCBのクレジットカードを登録します。全ての行程で最短2週間はかかると思いますが、1度登録してしまえば便利なのでお勧めです。

税金を払う時期になったら、あらかじめパソコンでナナコカードのホームページからクレジットチャージをしましょう。1回につき29000円など色々制限がありますので、よーくホームページで確認してから、コンビニ払いに切り替えして下さい。

投稿日:

小さなことからコツコツと!習慣化して楽ちん節約♪

白い浴槽

多くの家庭で、節約に励んでいると思います。私も以前はハードな節約をし過ぎたため、あとで無理がたたって挫折…というパターンが非常に多かったです。しかし、日々の習慣を変えることによって、無理せず気楽に節約ができるようになりました。

1.湯船の水量を季節で調節
以前住んでいた市は、全国的に見ても水道料金が安い場所だったため、現在の市は以前の約3倍。当初は水道料金の高さに驚きました。水道料金の節約を考えたものの、トイレのタンクにペットボトルを入れる、チマチマと水道を止めるくらいしかできませんでした。

お風呂のお湯をどうにかしたかったのですが、我が家は小さい子がいるため、オールシーズン浴槽にお湯を張っています。また、夫が嫌がるためお風呂のお湯を洗濯に再利用できません。入浴後のお湯はそのまま流してしまうため、いつももったいないと思っていました。

そこで、季節によって湯量を調整することにしました。調節する前は、「湯量調節ボタン」など全く気にせず、季節にかかわらず180リットルを入れていたのですが、冬は寒くて肩までつかりたいので180リットル、夏はどうせすぐに暑い暑いと子供が騒ぎだすのでかなり少なめの140リットルを基本に、天気や気温によってこまめに湯量の調節をするようになりました。これにより、季節によっては大幅な節約に成功しました。

2.冷凍保存に一工夫
私の住んでいる市には激安スーパーが多いため、お肉の大量買いをよくします。小分けで冷凍保存しているのですが、そこで一工夫。以前は、ひき肉・豚バラ肉・切り落とし肉などは100グラムずつ分けていたのですが、使うときに微妙に余ったり足りなかったりすることがありました。
そこで、小分けの単位を80グラムにしました。

私と子供3人だけのときは80グラム、家族4人全員のときは80グラムを2つ解凍することによって、無駄に解凍しすぎなくなりました。また、鶏もも肉は1枚を「半分を1つ」と「4分の1を2つ」の3つに切り分けてから冷凍しています。こうすれば、少量使いたいときもOK。以前は、鶏もも肉1枚を解凍して、使わない分を保存容器に入れたまま忘れてしまい腐らせてしまったこともありますが、そのようなこともなくなりました。

節約節約と無理をし過ぎると、反動が大きくなってしまうことがあると思います。これからも無理のない範囲で節約を楽しんでいきたいです。