投稿日:

手元にあるお金は無かったものと考える

私の節約方法はとってもシンプルで、とっても簡単です。それはお金が無かったものと考えるということです。

お金はあるからこそ使いたくなるのです。お金が無ければ使いたくても使えません。ですから、私はお金をもらったら、まずがっちり貯金します。そしてそのお金には手をつけてはいけないもの、無かったものとして考えます。
これでお金の使い方が究極に変化します。

¥マークと指のOKサインまず服を買わなくなりました。服を買うお金が無いからです。
考えてみれば、いつも違う服をきなければいけないというプレッシャーから、欲しくもない服を買ったり、すぐに流行おくれになってしまうことし限りの服を買ってみたり、同じような服をたくさん持っているということがありました。

でもお金を使えないようにして、服が買えなくなったら、今もっている服で十分やりくりが出来るようになりました。ネットで服のコーディネートを勉強したり、ストールとか小物でオシャレ風に着まわすことを覚えました。今まで毎月洋服にかけていたお金が本当に馬鹿臭く思えました。

また、キッチングッズなども一切買いません。
便利に見えたり時短につながるようなグッズには目が留まりますが、そもそもそんなグッズを使うほどの料理をしなければいいのです。余計な台所用品を買わなくなった結果、料理もシンプルになり、鍋や皿の数も減ってとっても生活そのものがスリムでスタイリッシュになったと思います。

実は私たちの生活って無駄なもので溢れているので、思い切ってお金を使えない状況を自分で作り出し、欲しいけれど買えない。でも買わないとそれなりにやっていけるという習慣をつけることが節約の基本になっていると思います。

投稿日:

財布に必要以上にお金を入れすぎず、予算を立てて決まった金額で生活

5000円札のイラスト私の節約方法は、週ごとに予算を立てて必要以上に持ち歩かないというこを実践しています。毎週、自由に使えるお金の予算(交際費、食費を含む)を5000円と決め、それ以上には特別なレジャーや行事がない限りは増額はしないというものです。

私の悪癖なのか、財布にお金があればあるだけ使ってしまう、衝動買いをしてしまう、という前歴があり、給料日まで毎日もやし炒めを食べ続けるしかない状態に陥ったことがありますので、3年ほど前から週ごとの予算5000円生活をしております。

給料日後に、次の一か月の予算を先に引き出して封筒にいれておき、一週間5000円だけ財布に入れて生活、日曜日の夜に、その週の残った残金をすべて開かない貯金箱にいれて、新たに月曜日からの予算5000円を財布に入れなおして、余ったら貯金箱への繰り返しで毎週幾らかの残った予算を記録して、残金が少ない時は反省をして、すこしでも多く1週間の出費を減らすよう努力しています。
ですが会社員ですので、お付き合いや会社行事とかの宴会などもあり、参加をしないといけない際は別途予算計上し、その分は1週間の5000円の経費を多く余らせるよう、帰宅時には寄り道はしない、コンビニにはたちよらない。など、誘惑に負けそうな場所にはしばらく立ち寄らないようにしています。
1週間の予算には当然、食費、生活用品代も込みとしていますので、食料購入は週に1度だけと決め、必要なものしか買わないで、なるべく自炊、作り置きできるものを作り何品か作ってそれで1週間回しています。そのため1週間毎日同じものを夕食に食べるという事態に陥っていますが、工夫をして味付けを変えたりなるべく飽きないように夕食をとるようにしています。朝食はもともと食べないので飲み物だけで、昼食は社員食堂で給与天引きですので、自宅での食事はほぼ夕食のみです。

クレジットカードも光熱費引き落としなどのみにとどめ、どうしてもという時しか使わないようにしています。私の節約方法は週ごとに予算を立ててその予算内で生活するというものです。たまに財布に小銭しか残らない時もありますが、現実に財布の中にお金が入っていないので、欲しいものがあったとしてもお金が足りないので買うことを諦めることができ自然と節約できるようになりました。

投稿日:

同棲中の彼氏に、電気代の節約を意識してもらう!

同棲中の彼氏が、冷蔵庫の扉を開けっ放しにすることに関してです。

お茶を飲む時や食材を取り出す少しの時間ですし、電気代に大きな差は無いかもしれませんが、冷気が出て冷蔵庫内の温度が上がってしまう気がして、しかたありません。相手は「ちょっとくらいいいじゃん」といった感じで、よく言えばおおらかな性格です。

ドアの開いた冷蔵庫冷蔵庫の扉をこまめに閉める様に気を付けてもらいたくて、「食材が傷むのをちょっとでも遅らせたいから」等、口頭でも伝えましたが1度では変化はありません。あまりしつこく言ってお互いに嫌な思いをするのは避けたいので、気になっても言うのは3回に1回くらいにするようにしています。

それと手作りですが、お店の冷蔵庫みたいに扉を開けたところにカーテンをつけてみて、私が本当に気にしている事を表しました。最近はしばらく伝え続けたかいあってか、相手も以前よりは”開けたら閉める”という習慣がついてきたように思います。

ほかに、私の場合は傷んで棄てる前の食材をすてるその前に、”こんな風になる”ってことを見せたりしたこともありました。夏になり、食材の痛み具合を相手も実感したのかもしれません。

やっぱり本人も気付かないと、自分が意識して行動にまでは表れにくいんだな、と経験しました。