投稿日:

外出時にはお弁当を持っていくことを習慣づける

2個のおにぎり会社員として働いている主人のお昼は手作りお弁当、私と子どもが遊びに行く時にはおにぎりを握ってお弁当にするようにしています。そうすることで、主人のお昼は一回あたり300円程度、私と子どものお昼は一回あたり500円(コンビニでおにぎりなどを買うときと比べて)浮くことになります。主人は月に20日出勤しているので6000円、私と子どもはお昼をまたいだ外出が月に5回程度あるので2500円、トータルで月に8500円節約できていることになります。

もしも私と子どものお昼をファミレスで済ませようと思うと、1000円程度かかることになるので、その場合にはトータルで10000円近く節約できていることになります。毎回素敵なお弁当を作ろうと思うととても大変になり継続できないこともあると思いますが、おにぎりプラス冷蔵庫の常備菜とゆで卵、などで済ませば、小さ目のお弁当箱に詰めるだけなのでとてもラクチンです。

節約というのは長期間行って初めて結果が出るものだと思うので、いかにハードルを下げるかもポイントだと思います。お弁当を作るのが大変だという方は、毎日コンビニで買うお茶を家で魔法瓶に詰めるだけでも1日150円の節約になり、月に4500円の節約になります。小さなことから初めてみるのもいいかもしれませんね。

投稿日:

無駄を探して健康的に節約

煙の出たタバコ節約の大原則は、支出を抑えて収入を増やすことです。私も、支出を抑えるために、様々な工夫をしてきました。ポイントは、どこに無駄があるかを見極めて、その無駄な出費を削ることです。私の場合は、まず一番にタバコをやめることでした。タバコは最近高いので、一箱約500円の出費です。500円あれば、牛丼が一杯食べれますね。また、タバコにより、高血圧などの健康障害が誘発されてしまうと、その治療費として多額の出費が必要になる可能性もあります。

タバコに代わる気分転換の方法としては、ノンアルコールビールをお勧めします。ノンアルコールならば、車の運転にも影響しませんし、ビールで息抜きするときと同じような感覚が味わえます。また、食費を1回500円以下に抑えるという方法も実践しています。具体的には、コンビニで買う時も、おにぎりとお茶、場合によっては、カップラーメンだけで済ませます。単純計算で、これだけで、最低1万円の節約になります。

ですがこれが続くと栄養不足になりますので、将来的には自炊も考えています。お酒も控えれば、さらに健康にもよいし一層の節約効果が期待できます。お酒の代わりに、コーヒーで気分転換をすればよいと思います。酒代も月に1万円くらいかかりますから、これも1万円の節約です。あとはキャバクラ・ギャンブルなどの遊興費も控えています。

投稿日:

何気ない会話から実践してみたら効果ありでした。

蓋を開けた洗濯機日常生活の中で、電気、ガス、水道は節約を心掛ける事で結果が金額としてわかりやすいところであり、節約をし始めるのには最適なのではないかと思います。

電気については、極力付けっ放しにしない事をベースにしておき、使わない時はコンセントを抜く事を徹底しています。また、年間を通してエアコンを使用する際には、温度や風量の変化でどの段階が抑えられるかを調べてからの実践をし、前年と比べて夏場と冬場の利用頻度が高い時期は1000円前後節約することに成功しました。

ガスについては、夏場のシャワーを利用する事や冬場の給湯温度の設定温度の変化でどうしても高くなりがちでした。ここでは、冬場に関して重点を置いて考え、お湯をはっておいた上で途中の追い炊きやシャワー利用をしていたので、単純にシャワーを使わず浴槽のお湯を利用し、足りない場合のみシャワーを利用する形を心掛けました。これだけでも前年と比べて800円前後節約に成功しました。

水道については、ガス代を節約する事でシャワー利用が減少した為に、水道代も節約出来ていました。ですが、ふとした時に洗濯をするのを残り湯にしたら節約になるという主人の言葉にハッとし、実践を始めました。その結果、たった一回分最初の回す水量だけを残り湯に変えただけで水道代を700円前後節約することが出来ました。