投稿日:

ゴールを家族内で共有して上手に節約。

家計簿と小銭家族にも節約を協力しもらう方法は、むやみやたらに節約を家族に押し付けずに、節約のゴール(目的)を伝えて共有するということが大切です。私の場合は、実家に帰省する際に大きな出費になりますので、それを家族に説明、意識を持ってみんなでゴールに向かって節約をしています。

それに加え、節約できた金額をノートに書き出し、どれだけ節約できたかも家族に共有します。 具体的には、電気代やガス代などを紙に書き出し、先月と比べてどれくらいの節約ができているか、どんな行動(小さいことですが、電気をこまめに消すなど)が大きな差となったのかを、簡単にシェアします。 すると、子どもたちもゲーム感覚で楽しんでもらえますし、節約をする行動が身についてきて、自然とあたまごなしに怒らなくても節約につながる行動を取ってくれるようになります。

あとは、節約が半年や1年などの長いスパンになるときには、間に少しだけ節約を忘れられる日を入れることです。ゴールが明確になっていてもゴールまでの期間が長ければ、誰だって中だるみしたりしてしまいます。 なので、みんなで外食や、みんなで遠出など、少しだけ贅沢する日をつくり、モチベーションが下がらないようにしています。

いろいろありますが一番のコツは、私ひとりだけこんなに頑張っているのに、と独りよがりにならずに、 みんなで楽しみながらつづけるという心持が一番のコツかもしれません。

投稿日:

生活を見直すことで節約は可能だと思います。

カラフルなピクルス節約とは究極的に言うと使わないことだと思います。電気は時間帯で料金が変化するプランになっているので昼は家電を極力使いません。夜に集中して家事や掃除洗濯を行なうようにしています。これだけで毎月数千円変わります。食費も外食してしまうと1日千円くらい掛かりますが、毎日弁当にしてしまえば1週間で家は夫婦共働きですので2人で千円以上は節約になります。

毎日弁当は大変だと考える方もいると思いますが、土日でピクルスなど長期保存できるものをまとめて作ってしまえば仕事をして 返ってきても詰めるだけなので手間も掛かりません。会社の夜の飲み会もあまり参加しません。会社の人は一生付き合うわけでもないので、割り切れば年間で数万円レベルでの節約になると思います。

衣服も流行に流されることもなければ数年に一度程度の購入で済みます。また車も昔は持っていましたが、通勤に使うのでなければ、あまり必要ありません。公共交通機関や自転車を使っていますがこれだけで年間十万円位は節約できていると思います。ちょっと生活を見直しただけで年間200万円程度 貯金が出来ています。最初は大変かもしれませんがなれると気にならなくなるので是非実践してみてください。

投稿日:

リボーンベジタブルで楽しく節約!

カイワレ大根リボーンベジタブルという言葉を知っていますか?その名の通り、野菜を蘇らせるのです。私は料理を3食作って節約をしているのですが、少しでも体に優しい料理を作ろうと、野菜は多めにしています。しかし野菜って結構買うと高いんです。肉ばかりだとボリュームが多すぎるし、野菜を増やそうとかさ増しできるものを買うと、いつも同じようなメニューになってしまうんですよね。いろんな野菜をちょっとづつ使って副菜を多くすると、体にいいおかずができるんです。そこで私が実践しているのはリボーンベジタブルです。代表的な野菜は豆苗です。豆苗を買ってきて豆が付いている下側の部分を2センチほど残してカットします。上側は通常通り料理に使用します。豆苗はおひたしや炒め物など結構レシピが多いです。

ここからが肝心なのですが、残った下側の豆の部分はプラスチック容器などに入れて水に浸しておきます。ポイントは茎まで水につけないくらい、だいたい1~2センチくらいの水につけることです。そして1週間ほど毎日水を変えておくと、豆苗がまた元の大きさまで育つんです!育った豆苗は同じようにカットして料理に使用できます。だいたい3回くらいはこの方法で使用できます。豆苗自体は1つ100円ほどでリーズナブルなお野菜です。しかも豆の苗なので栄養も豊富です!節約できる上に美味しくて何度も再生できるなんて、何てお財布に優しい野菜なんでしょうか!まだまだリボベジできる野菜は他にもたくさんありますよ。小松菜や、薬味として少量だけ必要なネギ、水菜、三つ葉もキャベツまでリボベジできちゃうんです!スプラウトは大抵リボベジできます。(かいわれ、ブロッコリースプラウトなども)私はこの方法で毎日の副菜を作り、ボリュームある料理を家族に提供しています。

我が家の場合は4人家族で毎月大体3000は節約できています。私はリボベジの野菜をちょっとおしゃれな容器に入れて、観葉植物のように育てて楽しんでいます。豆苗は育ってくると、ワイヤープランツみたいになるので、食べなくなった後もしばらく育てて楽しめます。美味しくて節約もできて、楽しくおしゃれに育てられるリボベジ、皆さんも1度試してみてはいかがでしょうか?

投稿日:

マイナスプラスの法則で節約しながら貯める

不要な服を売る準備基本的に交友代は回数を決め、思いっきり遊びます。普段の節約生活からのストレス解消にもなるので、節約生活は苦になっていません。節約術は、まず使うぶんのお金を項目毎に小分けして封筒に入れてます。食事は週末に二千円分の買物をしてタッパに小分けしたものを沢山作って常備したものを平日食べて節約してます。会社にも作った分から持っていくので、1ヶ月の食事代は多く見積もって一万円で済ませるようにしています。余った分は貯金箱です。

生活に使うものは広告などで安く売り出す場所をチェックしたり、ポイントが多くつく日に買いに行っています。今はアプリを取ればポイントが貯まっていくのもあるので、知らず知らずのうちに買物をしていくとポイントがたまるので、とてと助かっています。毎回買物時には500円ほどポイントから使用しています。使用するはずだった500円も貯金箱行きです。

1番お金のかかるコスメ代は、懸賞などで手に入れたり、フリマなどで新品のものを購入したりもします。フリマ購入の際は消費期限を必ず見てからにしてます。逆に自分の不要物も一円でも良いからフリマに出してます。一日で1万円にはなるので、細かな物でも取っておいて売ると足しになりますよ。余ったら貯金箱と小分け封筒。不要物はなるべくお金に変える。マイナスプラスの法則で、以前よりお金が貯まり、節約生活をな楽しんでいます。

投稿日:

節約したお金で楽しいことを考えています。

浴室のシャワー私がしている節約方法ですが、一つは電気を使わないところは必ず消すようにしています。日中もなるべく電気を使わないように心がけています。今までは電気を消す習慣がなく、使っていないところも電気がついているような状態でした。これを心がけたら1000~1500円くらい電気代を節約することができました。

もう一つはお湯の温度設定を低くすることです。常に使うお湯の温度を少し温いかなくらいにしておきます。またお風呂に貯めるお湯はちゃんとした温度ですが、シャワーの温度は少し低めに設定します。そして必ずお湯を使い終わったあとは切ります。お湯の残り湯はなるだけ洗濯するときに使うようにしています。これをして2000~3000円にくらい節約することができました。

最後にケータイ代金を節約しています夫婦二人でSIMフリーケータイにしたので二人でケータイ代金は4000円くらいです。今までは一人1万円ほどかかっていたので、16000円ほど節約することができました。無理のないところから節約することが大切だと思います。節約することがどんどん実践できたらとても楽しくなります。そして、節約で貯めたお金で夫婦で楽しいことに使おうと考えています。

投稿日:

アイスクリームを手作りして節約しています。

アイスクリームアイスクリームは市販の物を買うよりも手作りした方が、安く済みます。私はアイスが好きなので毎日にのように食べるのですが、毎日アイスを食べるとなると意外と結構な値段になります。それでも毎日アイスが食べたい。なら作った方がいいんじゃないのかと思い作るようになりました。

ちょっと高価な生クリームは買わず、材料は牛乳と卵と甘さを加えるだけ。それだけで十分美味しいアイスクリームができます。材料を全部鍋に入れまぜて、弱火でコトコトとろみが出るまで煮込みます。そのあとは容器に入れて冷凍すれば完成です。生クリームで作りたい場合も動物性の高い方の生クリームではなく、植物性のホイップでも十分美味しく作れます。

お子さんが多い大家族の方や毎日食べたいくらいアイス好きな方は是非アイスクリームを手作りすると、節約になるのでおすすめです。100円のカップアイスと比べると数十円で作ることができているんじゃないでしょうか。さらに自分の好みの甘さにできたり、添加物も入っていなくて健康にもいいです。自分で作ることで節約を意識できるようになるので、アイスだけじゃなくクッキーなどのお菓子も手作りすると断然、市販の物を買うより安いし楽しいですよ。

投稿日:

本当は喜びいっぱい!身の丈にあった好きなもの

新鮮な野菜節約をしてお金を浮かせるというのは、案外続かないもの。三日坊主で終わってしまったり家族の反発にあったり、簡単そうで気苦労が絶えません。そこで、私がしているおすすめの節約方法をご紹介します。

それは「値段よりも満足のコスパで選ぶことをする」ということです。案外、安いもので満足出来るものを高いまま買ってたり・・・、こんな安いもので満足できないよという無意識のうちに染み付いてしまうプライドが邪魔して、高いものがいいものに見えていませんか?学生時代、本当に今からすれば何でもないようなもので喜べる心が大切だと思うんです。

以前、私も「あーあ。なんでこんなにお金ないんだろ。」と嘆いていた一人なのですが、学生の時の気持ちを思い出して安いもので自炊をしてみました。すると、思ったより美味しい!お店の料理が一番だと思っていて負けた気がしていたのですが、それは先入観でした。段々楽しくなって、安いものでも本当に美味しく感じるようになって、人並みの生活とはこうあるべきだというレッテルを外してとても楽になりました。

今では自分の家でほったらかしでも育ってくれる野菜を育てて、とりたて野菜レストランもどきをやっているのですが、本当に美味しい。我慢しようと思ってしまうと辛くなってしまうので、安くて満足出来るものを開拓していくことも楽しいですよ!

投稿日:

外出時にはお弁当を持っていくことを習慣づける

2個のおにぎり会社員として働いている主人のお昼は手作りお弁当、私と子どもが遊びに行く時にはおにぎりを握ってお弁当にするようにしています。そうすることで、主人のお昼は一回あたり300円程度、私と子どものお昼は一回あたり500円(コンビニでおにぎりなどを買うときと比べて)浮くことになります。主人は月に20日出勤しているので6000円、私と子どもはお昼をまたいだ外出が月に5回程度あるので2500円、トータルで月に8500円節約できていることになります。

もしも私と子どものお昼をファミレスで済ませようと思うと、1000円程度かかることになるので、その場合にはトータルで10000円近く節約できていることになります。毎回素敵なお弁当を作ろうと思うととても大変になり継続できないこともあると思いますが、おにぎりプラス冷蔵庫の常備菜とゆで卵、などで済ませば、小さ目のお弁当箱に詰めるだけなのでとてもラクチンです。

節約というのは長期間行って初めて結果が出るものだと思うので、いかにハードルを下げるかもポイントだと思います。お弁当を作るのが大変だという方は、毎日コンビニで買うお茶を家で魔法瓶に詰めるだけでも1日150円の節約になり、月に4500円の節約になります。小さなことから初めてみるのもいいかもしれませんね。

投稿日:

無駄を探して健康的に節約

煙の出たタバコ節約の大原則は、支出を抑えて収入を増やすことです。私も、支出を抑えるために、様々な工夫をしてきました。ポイントは、どこに無駄があるかを見極めて、その無駄な出費を削ることです。私の場合は、まず一番にタバコをやめることでした。タバコは最近高いので、一箱約500円の出費です。500円あれば、牛丼が一杯食べれますね。また、タバコにより、高血圧などの健康障害が誘発されてしまうと、その治療費として多額の出費が必要になる可能性もあります。

タバコに代わる気分転換の方法としては、ノンアルコールビールをお勧めします。ノンアルコールならば、車の運転にも影響しませんし、ビールで息抜きするときと同じような感覚が味わえます。また、食費を1回500円以下に抑えるという方法も実践しています。具体的には、コンビニで買う時も、おにぎりとお茶、場合によっては、カップラーメンだけで済ませます。単純計算で、これだけで、最低1万円の節約になります。

ですがこれが続くと栄養不足になりますので、将来的には自炊も考えています。お酒も控えれば、さらに健康にもよいし一層の節約効果が期待できます。お酒の代わりに、コーヒーで気分転換をすればよいと思います。酒代も月に1万円くらいかかりますから、これも1万円の節約です。あとはキャバクラ・ギャンブルなどの遊興費も控えています。

投稿日:

何気ない会話から実践してみたら効果ありでした。

蓋を開けた洗濯機日常生活の中で、電気、ガス、水道は節約を心掛ける事で結果が金額としてわかりやすいところであり、節約をし始めるのには最適なのではないかと思います。

電気については、極力付けっ放しにしない事をベースにしておき、使わない時はコンセントを抜く事を徹底しています。また、年間を通してエアコンを使用する際には、温度や風量の変化でどの段階が抑えられるかを調べてからの実践をし、前年と比べて夏場と冬場の利用頻度が高い時期は1000円前後節約することに成功しました。

ガスについては、夏場のシャワーを利用する事や冬場の給湯温度の設定温度の変化でどうしても高くなりがちでした。ここでは、冬場に関して重点を置いて考え、お湯をはっておいた上で途中の追い炊きやシャワー利用をしていたので、単純にシャワーを使わず浴槽のお湯を利用し、足りない場合のみシャワーを利用する形を心掛けました。これだけでも前年と比べて800円前後節約に成功しました。

水道については、ガス代を節約する事でシャワー利用が減少した為に、水道代も節約出来ていました。ですが、ふとした時に洗濯をするのを残り湯にしたら節約になるという主人の言葉にハッとし、実践を始めました。その結果、たった一回分最初の回す水量だけを残り湯に変えただけで水道代を700円前後節約することが出来ました。