投稿日:

複数の口座を使い分けて節約をしていました!

数冊の通帳と印鑑私が実践している節約方法は、3つの口座をつくって運用していたことです!3つの口座についてですが、まず1つ目は生活費など日常でつかう口座をつくって基本的にはそこしか使わないことにしていました。2つ目は、冠婚葬祭など突然の出費に備えた口座を作り、毎月一定額の金額をいれてました。そのため急な出費があっても無理して生活費を落とすようなことをせずにすむことができました。

そして、私が一番重要視しているのが3つ目の、貯金だけをする口座でした。私はこの口座に対して実際に毎月必ず5万円を入れていました。この3つ目の口座で必ず決めていた約束事が絶対にこの貯金用の口座からお金を引き出さないということだけを徹底していました。現に年間で60万貯金することができましたので私はやってよかったと思っています。

要するに定期積立のようなものを自身で行って節約をしていました。しかし、なぜ定期預金ではなく、貯金を行ったかといいますと、実際に定期預金の方が金利も高いし貯金よりはいいのですが、自由に使えないということが不便に感じ、私自身としてはその貯金を使って運用した方がお金がたまるのではないかと考えたからでした。このように何かあったときについついお金を使いすぎてしまわないよう私は口座を分けて節約を行っていました!

投稿日:

小さい頃から…とにかく細かく話すこと

照明器具のイラスト節約は大人になってからだと、なかなか体に身につかないことだと思います。育った家庭の環境で考え方が違うのはどうしようもないことではないでしょうか。結婚した時に結婚相手との違いを感じる人がほとんどだと思いますし、それが普通です。お互いがお互いのやり方をどれだけ受け入れるのか、心の余裕がすべてを決定します。毎日の節約はお金に換算すると微々たるもので、それが10年15年経った時に目に見える形で表すことすら難しいです。

しかし、子供に関しては意外に簡単で小さい頃からそのような生活を送る、ただそれだけです。お母さんの過ごし方を自然に身につけることが出来、無理なく無駄な電気代やガス代を使わない生活を送ることが出来ます。トイレの電気の消し忘れや、お風呂のお湯の無駄遣いなど、してはいけないこととして気がつくたびに伝える、しかし友達が遊びに来ている時はそこまで気を付けなくても良い、そのパターンを繰り返すことで柔軟に対応するように自然となります。

ただ、中学生・高校生になってから節約を促すことは本当に難しいかもしれません。節約家族でも、その時期は電気代やガス代は増えてしまうものです。どうしても節約をしてほしいと思うならば、家計を明かして節約の意識を持ってもらうのが一番だと思います。

投稿日:

冬は窓に断熱シートを貼り、夏は川の水で散水

水滴のついた窓ガラスキッチンが北向きで窓が大きく夏は涼しいのですが、冬はとても寒かったので2年前から窓に断熱シートを貼ってみました。水だけで簡単に貼れて跡が残らないので女性でも楽な作業でした。その効果は大きくて、それまで感じていた冷気がほとんどなくなり、部屋の温度も以前よりは2~3℃高くなって暖房時間も少なくなり、灯油の節約になりました。シートは毎年使えるので他の部屋やトイレにも貼ってみたところ、やはり寒さが違いました。

そして夏ですが庭木やプランターへの水やりは家の裏の川からポンプで水をくみ上げて散水します。川と言ってもきれいな湧き水で、冬は暖かく夏はとても冷たい水です。多少電気代がかかりますが、高い水道代を思うとたっぷり水撒きしても苦になりません。また大きなバケツを用意して水を貯めておくとすぐ使えるので重宝です。

更に家庭で購読する新聞チラシ、ペットボトル、アルミ缶、段ボールは近くのスーパーへ持参すると重さと本数によりポイントとして還元してくれます。そして年2回その店独自の商品券と交換してくれるので買い物に使用できます。本来は決められた日に収集所へ持ち込むものをスーパーに持っていくだけでポイントが貯まるのは魅力です。それぞれの方法で多分年1万円位の節約につながっていると思います。

投稿日:

お金の把握と管理が、節約への近道!

家計簿と女性ただいま、育児中の専業主婦です。仕事も辞めているので育児休手当もなく、毎月のやりくりはとても大変です。そんな、我が家の節約方法は、色々あるのですが、1番はお金の把握と管理だと思います。まず、毎月何にどのくらいお金を使うか計画します。家賃、ケータイなどの固定費、ガスや水道などのライフラインの値段、そして、1番変動があり、やりくりしやすい、食費、日用品などのお金です。

固体費等は、なかなか変わらないので、食費、日用品などのお金の計画を立てます。例えば食費は3万円、日用品は2万円、その他交際費、レジャー費1万円などとします。そして、毎週家計簿をつけて、週にどのくらい使ったのか、今月はあとどのくらい使えるのかを把握します。

そうすることで、今週は食費を使い過ぎたので、気をつけよう。だとか、日用品はオーバーしそうだから、必要最低限だけにして、来月にまとめて買おう。などと調整ができます。そして、外食は、その月が予算内で出来た時にするなどと、贅沢な事は、予算が余った時にすることにしています。

そのように計画すると、買い過ぎを防げたりします。「これが安いから、買っちゃおう」とついついしがちですが、安い物を買うよりも、買わないほうがお金はかからないのです。無駄な出費を抑えるためのお金の管理が節約に大事だと思います。

投稿日:

お皿の洗い方を工夫して効果的にお湯の節約を。

キッチン洗剤私が実践している節約方法は、お湯の節約です。お湯の節約をすると、水道代とガス代が一度に節約できます。具体的には、食事の後の洗い物ですが、汚れたものと汚れていなくて油っこくないものにきっちり分けます。先に汚れていない方の皿を洗います。こちらは水で流すだけにします。たいして汚れていないお皿にはお湯ではなくて水で十分です。ガス代の節約のためです。

汚れた方のお皿は汚れていない皿を流している水の下に溜めておき、上から落ちる水で、次に洗う汚れた皿の表面についた汚れも同時に落とします。次に汚れた皿を洗います。汚れた皿はスポンジに洗剤を付けて洗うのですが、スポンジをもんで洗剤を行きわたらせるときに洗剤の液が下にこぼれ落ちてしまうので、それをキャッチするためにこれから洗う皿の一枚を別に置いて、その上でスポンジをもみます。

皿を洗っているうちにだんだん洗剤が無くなってきますが、新たに洗剤を掛けるのではなく、そのタイミングでさっきこぼれ落ちる洗剤をキャッチした皿を洗います。そうするとスポンジが再び洗剤を吸い、泡が復活してまた次の皿がきれいに洗えるようになります。何気ない動作なのですが、こういうことを考えながら食事の片づけをすると確実に月々の水道代、ガス代が安くなるのが実感できるでしょう。

投稿日:

お金がかかる食費はまとめ買いをしておく。

浴槽のイラスト少しでも無駄な買い物をしないために、食材の買い物は週に一回、安いスーパーを2件回ってお肉や魚などはまとめて購入しています。もちろんそれだけでは足りないので他の日にも買い物には行きますが、できるだけこの一日の買い物でメインになる食材は買っておくようにして、ほかの日に大きな食費の出費がないようにしています。

子供が二人いるので食費はかなりかかりますが、お米を入れても月五万円程度の抑えるように努力しています。子供が小学生と中学生でお風呂の時間が家族でバラバラなので、特に冬は何度もお風呂を沸かしなおすことになり、ガス代がかなり高くなります。中学生の娘の帰りが早い日や塾がない日は、できるだけ一緒にお風呂に入ったり、お湯が冷めないシートを使って頻繁に追い炊きをしないようにしています。

追い炊きを減らすと一月に1000円以上ガス代が安くなるので、もっと安くするために節約ヘッドのシャワーに切り替えました。交換料金はかなり高かったのですがガス給湯器とキッチンの水道の調子が悪くなったので去年新しい物に交換しました。最新機種なのでガス代、水道ともに節約機能がついているようなので何もしなくても毎月の支払いが数百円分は安くなっているので高額でしたが交換してよかったと思っています。

投稿日:

粉物料理で食糧危機をのりきる!!

たこ焼き去年の春から親元を離れ、一人暮らしを始めてから毎日自分で料理を作るようになり、毎月の仕送り量なども考えお金を使っていました。やはり慣れない生活の為最初はお金の使い方がうまく行かず、月の終わりの残り1週間で1000円もない!!って時がありました。

その時私が1週間を乗り切った方法を教えます。その方法は粉物料理(たこ焼き、お好み焼きなど)です。私は主にお好み焼きを作って食べていました。あまり栄養がなく栄養バランスが偏るので、そのようなことに神経質な方はオススメできませんが、あまり気にせずとにかくお腹一杯になりその場をなんとかやり過ごしたい、お金がないのでととにかく食費にお金をかけたくないという方にオススメな方法でございます。

その他にたこ焼き、チヂミなども作りました。いつもと同じものを作っていては味に飽きてしまうので、私はお好み焼きに今流行りのアボカドを入れたり、たこ焼きにタコを入れずキムチやチーズを入れて味に飽きないように工夫してなんとか1週間を乗り切っていました。チヂミも余ったお好み焼き粉と卵さえあれば後は何を入れても構わないと思います!!

投稿日:

1人暮らしで必須の節約は自炊すること

目玉焼きを作る男性1人暮らしの人が簡単にできる、節約は自炊です。1人暮らしのサラリーマンや学生はどうしてもお昼や晩御飯が外食やコンビニ弁当になってしまいますが、お昼ご飯も結構値段のするものです。単純に1食500円だとして週五日だと2500円それを1月だと約10000円をお昼だけで使っている計算になります。それに夜ご飯も足すととんでもない食費になってしまいます。外食だともっとです。

それに比べ自分で自炊すると、お米は1キロ2000円もしないし1キロで1週間以上は食いつなげると思います。それにプラス食材でも1週間朝、昼、夜で3000円プラスアルファで済むと思います。また、お米だけでも家から送ってもらうことで大幅な節約になると思います。お昼ご飯もお弁当箱と水筒を買って家で自作して行けばお昼ご飯代と飲み物代を浮かせることができます。飲み物もお茶のパックを買って自分でお茶を作るとかなりの節約になります。麦茶のパックはめちゃくちゃ安いです。

お弁当箱と水筒のお金を併せても長い目で見ればかなりの節約です。車を持っている方は少しの距離なら自転車で行く、買い物する時はエコバッグを持っていくなど1人暮らしでもできる節約は沢山あります。その浮いたお金を少しづつ貯めていって好きなものを買ってもいいと思います。

投稿日:

まとめ買い、水筒持参、格安スマホで節約

スーパーマーケットのカゴついつい買い物へ行くとあれもこれもと、沢山目移りして余計な物を買ってしまうので極力スーパーに買い物に行かないように心がけています。その為、1週間分の献立を考えて1週間に一回買い物に行きます。食費は食材だけ買うようにし、お菓子、ジュースなどは食費以外のお小遣いから出すようにする事で、無駄遣いが減りました。

我が家の近くには運が良いことに業務スーパーという安く買えるスーパーがあるので、一家3人分、1週間で役6000千円で済んでいます。月24000円、米代二千円を入れて26000円で収まっています。普通のスーパーなら出来ない事なので、業務スーパーにはいつも助けられています。

後、我が家では会社に持って行く飲み物もお茶を作り、水筒やペットボトルに入れて持って行きます。1日2本お茶を飲むとして、自販機で買うと月に4000円位かかります。自分で持って行く事で、飲み物代だけで、旦那と合わせて月に8000円位の節約になります。

食費の他には通信費の節約も始めました。以前はiPhoneで本体分割費込みで月12000円位でしたが、格安スマホに買えることで、月6000千円に収まりました。通信速度が早めの格安スマホを選び、家にWi-Fiルーターを置くことで、iPhoneと全く同じ使い心地になりました。この通信費の節約はとてもオススメです。旦那のスマホも格安スマホにしたので月12000円節約する事が出来ました。

我が家の節約はこれくらいですが、無理の無いで範囲で出来ているので良いと思います。

投稿日:

雑誌購読をやめて、【dマガジン】に切り替え

ファッション雑誌にグルメ紹介雑誌、テレビ番組雑誌、おでかけ情報誌…。あらゆる雑誌を読むことが大好きで、いつも書店やコンビニに寄ると、ついつい手に取り購入してしまいます。

積み上げた雑誌気付けば家の中には過去の雑誌の束がたくさん出来上がってしまい、毎月雑誌にかかる費はが3,000円以上になっていることもしばしば…。今まで雑誌に費やしてきた金額を考えると、部屋にある大量の古雑誌を捨てる覚悟がありませんでした。

そんな私が節約できるきっかけになったアイテム…。それが、DOCOMOの有料コンテンツである【dマガジン】です。なんと毎月400円(税抜)で、170誌以上が読み放題なのです!

はじめは有料コンテンツなんて利用したくないし、毎月のムダだと思っていました。ですが、毎月紙の雑誌を購読する方が部屋の場所も取るしお金もかかり、今の状態の方がムダだということに気付いたのです。そこで思い切って【dマガジン】を契約しました。

結論から言いますと【dマガジン】に切り替えて非常に良かったです。まず毎月の雑誌代が一気に抑えられたこと。そしてこれ以上雑誌が増えなくなったこと。さらには、書店で立ち読みすることが減り時間に余裕ができたこと。

結果的に、お金、場所、時間の3つが節約できました。